女の髭の処理で絶対やってはいけないコト。絶対自分で抜いちゃダメ!

脱毛
Sakura
Sakura

こんにちは、管理人のSakuraです。今日は女の髭 処理についてまとめてます。

女の髭の処理って、けして人ゴトでもなんでもなく、けっこう自分ゴトで悩んでる女性は多いです。

比較的毛深い女性は子供の頃から産毛も濃くて、小学生の時に「お前、髭こいな」なんて男の子にからかわれた経験のある人もいるはず。

小学生の女の子にとって、この一言は結構ショックですよね。場合によってはトラウマになっちゃうこともあります。

Sakura
Sakura

とくにお母さんがそういうことにぜんぜん無関心だったりすると娘がそんなことで学校でからかわれてるなんてことも知らなかったりするし。

中学、高校と年頃になってくると、「女の髭」っていうだけでかなり深刻に悩んじゃいます。

だいたい女の髭の処理なんて、教えてくれる人って身近ではお母さんくらしかいないし、まさかお父さんに相談するわけにもいかないし。

だから、お母さんと若干距離のあった女の子にとって女の髭の処理を知らないまま気がつけば自分流の自己処理で、抜いたり・剃ったり・クリームとかいろいろ試しちゃうんです。

その結果、間違えた女の髭の処理に気が付かないまま口周りの肌を痛めてしまっているわけなんです。

画像

女の髭の処理で絶対やってはいけない3つのコト

  1. 小学生の頃は、まだ髭じゃなく産毛ですので絶対に抜いちゃダメ。
  2. 中学・高校生になると、女の子によっては数本髭化することもあります。
      もし、鏡で見つけても衝動的に抜かないこと。
  3. 成人以降の女性の髭は、間違いなく髭です。
      剃ることで髭が濃くなることはないけど、抜くことだけは絶対ダメですので。
Sakura
Sakura

3つのコトとは言ったけど、一にも二にも「絶対に自分で抜いちゃダメ」って言うことです。

ビフォーアフターのお肌ケアをしないまま、髭を抜くと毛乳頭細胞を確実に傷つけて細菌が入り赤いブツブツの原因になります。

かと言って、毎日剃り続けるのも面倒!という方には脱毛専門サロンで永久脱毛をしてもらうのが、
一番の根本解決になると思いますよ。

脱毛の設備も経験も技術もちゃんとプロがやってるので、安心だし。

Sakura
Sakura

勧誘のしつこい脱毛サロンはダメだけど、有名な脱毛サロンでも「しつこい勧誘しません」って宣言してるサロンもあるので一度相談してみたらいいと思います。

少し前まで髭の処理はキャンペーン価格でやってなくてけっこう高かったんだけど、最近フェイス周りの脱毛もキャンペーン価格の対象に入ってるので、値段もあまり気にしないで気軽に相談に行けると思います。

私の周りで一番評判がよかったのは2012年のCMにチャン・グンソクを起用してて、一気に名前が知られるようになったエピレ。

お手頃な値段でお試し脱毛が体験できますよ。


タイトルとURLをコピーしました